映画『釣りバカ日誌18』

毎年夏恒例の釣りバカ日誌も今年で20作目となった。この映画は男はつらいよの流れで毎年封切りで見ている。最初は男はつらいよの抱き合わせ上映だったのだ。ちなみに正月の男はつらいよの併映はサラリーマン専科だった。思えば抱き合わせ上映なんて悠長なことは昔懐かしいことになってしまった。

20070921turibaka01

今回の舞台は岡山の瀬戸内沿岸だ。20周年という事からかスーさんにスポットがあたったストーリーとなっていた。

まあ、めんどくさいこと言わずに素直に笑って楽しめる映画だ。数年前に朝原監督に代わってからどきつさが薄まり、常連の役者さん達も年を取ったこともあり、大人の雰囲気がでてきた。これは男はつらい世の晩年の寅さんの雰囲気に近いと思う。

でも、山田洋次監督にはつきあいますよ。もうかれこれ20年以上の我が家のイベントですから。

☆☆☆過去の記事

・お盆恒例 釣りバカ日誌17

お盆恒例 釣りバカ日誌17
このブログ、だいぶさぼっていた。そろそろ仕事も落ち着いてきたのでまた再開していこう。 毎年、夏の恒例「釣りバカ日誌」を今年も見てきた。(錦糸町楽天地シネマ)去年は確か京都旅行の最中にわざわざ京都の映画館で見たような記憶がある。今年のロケ...

・ちょっと変わった京都旅行

ちょっと変わった京都旅行
2泊3日で京都旅行に行ってきた。今回の一番の目的は仁和寺で行われる南こうせつの「ときのしらべ」コンサートを聴くことである。お目当てはゲストの押尾コータローだ。だけどもちろんこうせつの歌も楽しみだ。東京駅からのぞみに乗車、今回は行きも帰...

・釣りバカ日誌15

釣りバカ日誌15
毎年夏恒例の釣りバカ日誌の最新作15「ハマちゃんに明日はない!?」を見てきた。 今回の作品はいつもよりもシンプルなストーリーだったような気がする。しかし、その分泣かせてくれた。早川(江角マキコ)はコンサルタント会社のやり手社員なのだが...

コメント

タイトルとURLをコピーしました