ピアノレッスン『私を泣かせてください』

ヘンデルのオペラ「リナルド」から『私を泣かせてください』を取り上げました。歌というかフレージングというか、ピアノを弾く上での呼吸みたいなものを練習してみたいなという目的です。

すごく緊張するのでレッスン時など、呼吸することを忘れてしまうのですが、できるだけ肩を落としリラックスし、歌を歌うことを意識して練習しました。

コメント

  1. まるこ より:

    素敵な曲ですよね。

    多分、3拍子の拍を1・2・3と全部取りすぎているのかもしれません。左の分散は最初の一音だけ重さを乗せて、あとはただ弾くだけにしてみるといいかもしれません。右手も同じで、強・弱・弱で。弱にあたる音を控えめにするだけでかなり呼吸的になると思います。

    み~み~《休符》み ふぁ~ふぁ~だったら→強~中強~《休符》弱 強~中強~ みたいな感じで。

    ↑この説明で意志疎通ができたらすごいと思う!!笑

    付点四分音符+八分音符の組み合わせのメロディーも八分音符の音は基本的に弱です

  2. ブライアン より:

    わお!オンラインレッスンだ!

    まるこさん、わかりました。まずはシンプルなニュアンスをしっかりとつけるだけでかなり生命が吹き込まれるのですね。
    そういえばレッスンの時も、のぼりはクレッシェンド、下りはデミヌェンドって、よく指摘されます。同じ事かな。

    いつもありがとう。
    (もし、録り直したらお知らせしますね)

タイトルとURLをコピーしました