東博『阿修羅展』

東京国立博物館で開催されている『阿修羅展』を見てきました。

20090421_ashura01
・公式サイト
http://www.asahi.com/ashura/

阿修羅像とは奈良興福寺に伝わる像です。今回の展示は普段は興福寺の国宝殿などに展示してあるものをごっそり東京に持ってきた興福寺展とも言うべきものでした。

阿修羅像は一つの胴体に顔が3つ、腕が6本ある神様をかたどったものです。このお顔が実に美しい。すっきりした鼻立ち、きりりとした眉と目、本当に二枚目です。間近でじっくり見ていたら惚れそうになってしまいました(笑)。

なんと「阿修羅ファンクラブ」なるものがあるそうです。

・阿修羅ファンクラブサイト
http://www.ashura-fanclub.jp/

阿修羅像は八部衆と言われるインドの神々のうちの一つなのですが、阿修羅以外の八部衆も実におもしろい。みんな顔立ちが少年のようなあどけなさを残していますが、動物の要素がブレンドしてあるその姿を見ていると、異次元に迷い込んだような錯覚に陥ります。
http://www.asahi.com/ashura/exhibition/2.html

グッズ売り場には阿修羅などをモチーフにしたいろいろなグッズが売られていたのですが、海洋堂製のフィギュアというのがあったらしくて、もう一週間前に予約も含めて完売したとのこと。ちょっぴり欲しかったなあ。

それにしてもすごい混雑でした、朝9時半開場なのですが、9時過ぎに付いたときは玄関前に長蛇の列。やっと玄関を入ったと思ったら敷地内にも平成館に向かってもうかなりの列が出来ていました。

20090421_ashura02

平日の朝から皆さんすごいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました