【極み庵】基礎工事

地鎮祭も終わり、いよいよ基礎工事。

Img_20160906_060333
まずは地盤改良を行う。あらかじめ地盤調査を行い、地下5メートルより下に固い地盤があることがわかっている。その層に届くように杭をたくさん打ち込む。お聞きしたところ、豆腐の上に爪楊枝をたくさん刺すと、その上にある構造物は安定しているというようなイメージだそうだ。

Img_20160907_061931
1本の杭はこのような穴になる。

Img_20160908_130948
基礎の構造にそってコンクリートで固める。

Img_20160910_134752
地鎮祭のときに4枚のお札を受け取ったが、それを敷地の四隅に立てている。建築工事の間、安全を守ってくれている。

Img_20160912_100506
コンクリートに鉄筋の基礎を作る。

Img_20160914_055648
さらに鉄筋の基礎を立てる。コンクリートは押しの力、鉄筋は引きの力に対応した強度を作ってくれる。

Img_20160915_113411
立てた鉄筋の両側に木枠をを立てて、厚さ14センチのコンクリート枠を作る。

Img_20160918_115735
コンクリートを流し込んだ。これで数日寝かせる。

Img_20160921_115957
そして、基礎ができた。基礎の上に何本もポールが立っているが、上に乗る建物と基礎とを固定させるものだ。

Img_20160922_130224
地盤改良のために除けておいた土を埋め戻す。

Img_20160927_124929
東京滞在のために4日ほど見れなかったが、帰ってきたら基礎の上に土台が固定されていた。また周囲に足場も組まれていた。

Img_20160927_125051
そしてあらかじめ工場で加工された建材が大量に届いた。いよいよ明日は上棟だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました