手前みそ2017

味噌の仕込みを行った。

Img_0197
いつものように「まるみ麹本店」からセットを購入。大豆、生こうじ、天日塩と耐久ビニール袋がセットになっている。

Img_0198
一晩ほど水につけて大豆によく水を吸わせる。煮た時になかまでやわらかくなりきれいにつぶせるようになるため。

Pb193281
手で簡単につぶれるほどに煮る。21センチの寸胴鍋を使った。

Pb193286
煮あがった大豆。

Pb193287
煮汁。あとで麹、塩、大豆を混ぜるときに使用する。

Pb193288
煮あがった大豆を添付のビニール袋に入れ。

Pb193289
掌でつぶしていく。けっこう力仕事だ。専用の器具も売っているらしい。私はすりこ木棒などを補助として使ったつぶした。

Pb193292
疲れた。

Pb193294
いよいよ麹と塩の出番。

Pb193295
混ぜる。

Pb193296
この麹にはもやしもんの人気者、オリゼーたちがいるのだろうか。

Pb193297
つぶした大豆を投入。

Pb193299
先ほどの煮汁を加えながら耳たぶほどの柔らかさになるまでこねる。

Pb193300
だんご状にして味噌桶にならべて空気を抜きながら詰めていく。

Pb193301
詰めた。

Pb193302
空気に触れないようにナイロン袋を密着させ重しを載せる。

Pb193303
半年ほどたつとおいしい味噌ができる予定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました