尾瀬ハイキング 鳩待峠~東電小屋往復

今年2度目の尾瀬に行ってきた。
鳩待峠から尾瀬ヶ原に降り、東電小屋~見晴らしと回り鳩待峠に帰ってくるいわば尾瀬ヶ原のゴールデンコースだ。

3時半ころ見附市を出発し、関越道で沼田に出る。そこから数十分で戸倉駐車場に6時ころ到着した。駐車場はすでに多くの車が止まっていた。


6:45 鳩待峠出発。ところどころ、きれいな効用を見せる林の中を尾瀬ヶ原に向かって下ってゆく。


坂道だが木道が整備されていて歩きやすい。


7:42 山ノ鼻ビジターセンターに到着。トイレ休憩。


尾瀬に向かう車中は時折雨に降られたが、昼間の尾瀬ヶ原は快晴。後ろを振り返るとなだらかな稜線の至仏山がきれいだ。


行く手にはごつごつした燧ヶ岳がそびえる。


逆さ燧(さかさひうち)。池塘の湖面に燧ヶ岳が映える。


途中牛首分岐から左側に入り、この橋を渡ると福島県檜枝岐村。


さらにヨッピ吊橋をわたると新潟県魚沼市に入る。


東電小屋が見えてきた。


東電尾瀬橋を渡ると福島県に戻る。


見晴交差点の山小屋街で昼食をとり、11時すぎに復路に入る。竜宮を超えるとまた群馬県片品村。至仏山に向けてひたすら木道を歩く。


最後の山の鼻~鳩待峠までの200mの上り。


14:27 鳩待峠に到着。駐車場までシャトルバスで戻る。
帰りに片品村の日帰り温泉「ほっこりの湯」で疲れを取り、沼田で登利平の鳥めし弁当を購入して帰路についた。

少し転機が心配な日が続いたが、この日は快晴で始まったばかりのところどころの紅葉を楽しめてハイキングができた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました