ピアノレッスン『アヴェ・ヴェルム・コルプス』

雨にぬれてもと平行して練習していたこの曲はモーツアルト作曲の賛美歌『アヴェ・ヴェルム・コルプス』です。(舌をかみそう(笑)) フィガロの結婚に続いて2曲目のモーツアルトになります。

原曲は合唱曲なのでもう少しゆっくりだと思いますが、ピアノだと間延びしてしまうのでこのくらいのテンポにしました。自分の中の課題としては、もっとピアノ(弱い)部分を弱く弾いた方がいいということと、メロディーラインをもう少し強調しないといけないかなと思います。

歌い方や強弱もすごく神経を使いましたが、ペダルの使用加減も難しかった。踏みっぱなしだと当然音が濁るし、ほとんど使わないと音がぶつ切れに。できるだけ使わなくてもつながるようにとは思ったのですが、結果、基本使うけど濁りは避ける、という感じになりました。一音一音踏んだり離したりを繰り返す場面もあります。これでいいのかなあ。

曲はヘ長調で始まりますが、転調に次ぐ転調を重ねる展開になっていきます。最後には無事にヘ長調に戻って終わり。ちょっととらえどころのない不思議な曲ですが、「天上で鳴り響く天使の声」が表現できているでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました