東海道53次ウォーク 第二回<品川宿~川崎宿>

東海道53次ウォークの第2回は、前回の続き、品川宿の品海公園から川崎宿の稲毛公園まででした。約12kmの行程です。


駅で言うと京急北品川駅付近から京急川崎駅あたりまで、ずっと京急沿いに歩くという感じです。道路で言うと第一京浜沿いを中心にところどころ旧道に入り込む感じで南下します。(東海道を歩くのであたりまえですが・・・)


9時集合で第3班でした。一班30名くらいで10班くらいまで目にしたので、300人以上は今回も参加しているようです。
品海公園で受付を済ませた後、品川宿本陣跡である聖蹟公園に移動し、説明と準備体操。


品川宿の旧東海道を北品川宿、南品川宿と進んでいきます。ここは京急の駅でいうと青物横丁付近。街灯がさやえんどうのようなオブジェになっていたのがかわいい。


「品川寺」と書いて「ほんせんじ」と読みます。ここでも現地のボランティアガイドさんの説明を受けました。


道中の辻にはこのような道標があちこちに設置されていました。街道を歩いているという雰囲気を感じさせてくれます。


鮫洲地域に入りました。街灯ののぼりもジンベエザメをデザインしたようなかわいいもの。


旧道から第一京浜に合流するあたりに鈴ヶ森刑場跡がありました。火炙り台とか磔台とか生々しいです。


しばらく第一京浜を歩きます。


昼前には平和の森公園に到着し、お弁当タイム。土地のものを入れてもらっているとのこと。今回は築地の卵焼き、穴子丼、人形町今半のたれをつかったぶたすきなど。よもぎ餅は京都に思いをはせるということだそうです。


平和島駅のあたりからまた旧道に入り、「三原通り」という商店街を通ります。ここも趣のある街並みを再現していて、歩いていて楽しいです。ツアーだと入りたい店などがあっても寄ることができないのがちょっと残念ですが・・・


京急蒲田駅を通過。


六郷神社でまたボランティアガイドさんの説明を聞きました。説明はこのポータブルFMラジオを通して多くの人が聴くことができるようになっています。


オレンジ色の上着の方々がボランティアガイドさん。地域愛にあふれた説明をされます。


六郷土手から六郷橋にあがり・・・


多摩川を渡ります。


そして神奈川県川崎市へ。


橋を渡るとすぐに川崎宿の旧道に入りました。川崎駅前方面に通じています。


こちらもこのような道標がたっており雰囲気を出しています。

川崎駅前から市役所方面に左折し稲毛公園が本日のゴールです。
約12km、20,000歩のウォーキングでした。次回は6月14日(土)の予定。

コメント

  1. Johnd304 より:

    This is a great blog, would you be involved in doing an interview about how you created it? If so email me! defabeekcgea

タイトルとURLをコピーしました