ピアノレッスンNo.134 『ザ・マン・アイ・ラブ』

今月からまた先生について月に2回のレッスンを受け始めた。一人で練習するのと違い、練習にも緊張感が生まれ、張りが出てくる。先生はクラシックの方なので、またクラシックよりの曲が増えるかもしれない。

最初にレッスンを受けているのがガーシュインの『ザ・マン・アイ・ラブ』(私の彼)だ。3連符が特徴的な曲。

使用楽譜:「やさしく弾けるスタンダード・ジャズピアノ・ソロ・アルバム」(kmp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました