映画『イエスマン』

久しぶりに試写会に当選したので、今日見に行ってきました。場所は九段会館、会場30分前でも長蛇の列。いつも試写会ってみんな早くから並んでいます。自由席だからか。

それで見た映画は『イエスマン』。「高須クリニックプレゼンツ」って冠が付いていますが、あのCM「イエス!高須クリニック!」っていうやつのノリでスポンサーになったのでしょう。

試写に先立つステージに登場して院長自らが映画のことをインタビューに答えていろいろと話していました。

そのインタビューには何でか山本モナさんも登場していました。「ポジティブに生きる」という映画のテーマにふさわしいゲストとか(笑)

20090316_yesman01

それで肝心の映画ですが(笑)

・公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/yesman/

ストーリーに荒唐無稽な感じがあったものの、「ポジティブに生きていれば、きっと何かが始まる」というテーマらしく元気がもらえる内容でした。

「イエスマン」というと世間一般的には、自分の意見を言わず他人の言いなりにしか行動できない人間を指しますが、この映画では「ノーと言わずにイエスと言うことから新しい人生が始まる」と、「つまり後ろ向きにならず前向きに生きてみようよ」という内容です。好きですね、こういうストーリー。

もちろん「何でもかんでもイエスと言えばいいのか」という問題が途中から出てくるのですが、スタンスとして「イエス」という方向性は持っていたいと感じました。

(でも、「イエス!高須クリニック」とはならないよ(笑))

コメント

タイトルとURLをコピーしました