映画『コンテイジョン』を見る

Netflixで映画『コンテイジョン』を見た。

2011年公開なので9年前の映画。だけど、現在のCOVID-19の状況とかなり酷似していてびっくりする。

この映画ではいろいろなことが描かれている。

ウイルス感染の速度(一人から何人に感染するのか)
ウイルスの感染も怖いけど、恐怖の感染の方がもっと怖い
極限状況におかれたときの人間の行動(身内を優先する、恐怖が他人を攻撃する、自分が大事、暴動)
ウイルス感染を抑えるための対策(目や口などをむやみと触らない、接触感染が協力)

現在の状況を経験したうえで見るととても参考になる。

ただひとつだけ「ウソだろ」と思ったのは、ワクチン至上主義だ。ワクチンを接種すれば安心、接触も怖くない、接種したその瞬間から安心など、これは怖いと思った。映画ではさらにワクチンを接種した人にはバーコードの腕輪がつけられる。

現在のインフルエンザワクチンなどがほとんど効果がない事実や、かえって異物を混入する危険性の方が高いことを考えると、この映画でのワクチンの描き方はとんでもないと感じた。

でも、現在のCOVID-19の状況を映画を通して客観的に見ることができるという点で、多くの人に見てもらいたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました