Windows7(64bit)への移行レポート4 ~まとめなど~

以上、7への移行について、詳細をレポートしてきました。

で、どうなのよ、7、64bit、って思いますよね。

正直なところを書きます。私は根っから新しもの好きなのですぐにとびついているんですが、今、XPなりVistaなりを使っている人は無理して7に入れ替える必要はないかと思います。

Vistaの時みたいに、わざわざXPにダウングレードするというようなことは必要なくて積極的に7を使っていいと思うのですが、それは新しくハードウェアを入れるときの話。現在使っているものは特に不満がなければそのまま使いましょう。

64bit版も同じことが言えます。こんど7を新規導入するんだけど32と64とどうよ?っていう場合は64を真剣に検討していいと思います。

で、その64bit版なんですけど、ちまたでは64bit版の機運が高まってきているので、7の次のバージョンではマイクロソフトは本当に64bit版だけのリリースという形に踏み切るかもしれません。ごく普通にPCを使っている人はそのときまでは32bit版を使うということで全然問題ないでしょう。

64bit版のメリットを享受できるのは、たくさんのアプリを同時に動かしたり、画像や動画などの処理を頻繁に行う人、開発などでリソースをたくさん使う作業を行う人、などではないでしょうか。そのような人はメモリを4G以上積んだ上で64bit版を動かすことにより、潤沢なメモリの恩恵を受けることができます。また、各種ベンチマークを見ると32bit版より64bit版の方が2~3割程度パフォーマンスが上がるようですので、世の中の環境が整いつつある現在、64bit版の選択をこばむ大きな要因はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました