ドゥダメル/ロサンゼルス・フィル ジョン・ウイリアムスプログラム

グスターボ・ドゥダメル率いるロスアンゼルス・フィルハーモニックが演奏する、オール・ジョン・ウイリアムズプログラム。
2019年3月21日にNHKホールで聴いてきた。毎年行われるNHK音楽祭の一環の公演だ。

NHKホール玄関わきに、ドゥダメルとウイリアムズの写真とプログラム。
玄関
ホワイエには歴代のNHK音楽祭出演者の紹介がディスプレイされている。
会場に入ると多くのメンバーがすでにステージに。ポップス系のプログラムのせいか、奏者もスタッフも全員黒ずくめの服装だ。いかにもアメリカっぽい。
プログラムを改めてみると、ジョン・ウイリアムズの曲がいかに私たちに入り込んでいるかというのがよくわかる。
ロスアンゼルス・オリンピックのファンファーレとテーマを聴くと、あのイベントの光景が雰囲気として湧き上がってくる。
未知との遭遇、ジョーズ、ハリー・ポッター、E・T、インディ・ジョーンズ、スター・ウォーズなどなど、ワクワクする音楽と共に映画のシーンが甦ってくる。
ドゥダメルはすごく小柄な印象。
ロスフィルの金管はすごかった。ホルン8本、トランペット5本、トロンボーン5本、チューバという編成。ただ、NHKホール2階の一番後ろという席の関係か、肌に感じるようなダイナミックさは感じられなかった。私の想像では席のいちというよりもホールの違いではないかと思う。先日のオーチャードホールの包まれるような響きやいつも都響を聴くサントリーホールの突き刺さるようなダイレクトな響きのようなインパクトが感じられなかったのは残念だった。
しかし、大好きなウイリアムズの音楽をハリウッドの本場ロスフィルのフル編成でドゥダメルの指揮で聴けた喜びは大きい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました