ファンが増える!文章術

山口卓朗著『ファンが増える!文章術』を読了した。

文章の書き方について書いてある書籍は数多いが、「ファンが増える」というような観点で銘打っているものは珍しいと思う。「ファン」というのはフェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどのSNSでの投稿を想定しているからだ。あるいはこの禿山の一夜のようなブログもそう。

全体の構成

「らしさ」を発信して人生を展開する

SNSで文章を投稿してもなかなか反響がない、あるいは恥ずかしい、など、苦手意識を持っている原因は、「らしさ」が出ていないからだという。

「らしさ3要素」
  • 好きである
  • 得意である
  • 喜びを感じる

これらを意識し実践することで自分らしさが出る文章が書ける。

意外と知らない自分らしさ

自分らしさがなかなか見つけられない、あるいは気がつかない人の対処方法。

唯一無二の「テーマ」で読者をひきつける

実際にSNSに投稿する時にらしさが光るテーマを見つけよう。

「らしさ」が輝く、愛される文章術

ここで初めて文章を書くための具体的な技術が登場。言葉の使い方、書き出し方法、感情に語りかける文章などを学んでいく。

「共感」と「信用」でファンが増える!

書き手と読み手が共鳴し合うと文章を越えて、コミュニケーションやビジネスなどにつながっていく。

感想

「文章術」となっているが、コミュニケーション、生き方などに拡張して適用してもよい内容になっている。自分らしさを考え、それを相手にに伝え、できれば貢献し、喜んで頂き、共感しあう。このような考え方、生き方は素敵だと思う。

私がパソコン、スマホなどで地域の皆さんに貢献できているのも、まずは自分らしさとは何だろうというところから考え、得意なこと、好きなこと、ワクワクすることがこれだったということだと思う。現在の自分をも後押ししてくれる一冊だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました