オックスフォード式最高のやせ方

ダイエット本を読みました。YouTubeの本要約系動画で紹介されていたのを見て興味を持ちました。Amazonマーケットプレイスで300円くらいだったと思います。

「報酬系食欲」が人を太らせる元凶

著者は様々なダイエット法がリバウンドで失敗する原因として報酬系食欲を抑えることを強いていることをあげています。脳が快感を覚える食欲です。「おいしい!」と思う食事と身体に必要な食事は違うということです。

しかし、食欲は意志の力では決してコントロールできないものとも。なので、必ずリバウンドに陥ってしまう。

高速代謝ダイエット

著者の専門はインスリン。脂肪を蓄えたり消費したりするしくみをかなり詳しく説明していますが、私には1回読んだだけではよく理解できませんでした。ただ、脂肪酸をエネルギー源として効率的燃焼するし効率よく代謝を高めれば贅肉を落とせるということは著者の言葉を信じたいと思います。

そのために運動療法と食事のコツを勧めています。

空腹時に運動する、低強度の運動を長時間行う、あせらずゆっくりこの運動習慣を続ける、ということを実現するということです。

具体的には

  • 寝る3時間前までに夕食を済ませる
  • 夕食後から寝るまでのあいだは何も食べない
  • 朝食前に30分程度の散歩をする

この3つを実践すればよいとのこと。

食事のコツ

運動療法と同じ、寝る3時間前までに夕食を済ませそのあとは寝るまで何も食べないこと、そして食べる順番を工夫することです。

食べる順番は、野菜などから初めておかずだけを先に食べてしまい、最後にお米(ごはん)を食べる、ということ。理由は血糖の急激な上昇が抑え込まれるから。

それともう一つ、決まった時間に、早食いはせずゆっくりと食事することも書かれています。理想としてはよく噛んで食事することです。

まとめ

このダイエット法は以下のことを実践することになります。

  1. 朝食前に30分程度の散歩(または同程度の運動)を毎日行う
  2. 寝る3時間前までに夕食をとり、その後は朝食まで何も食べない
  3. 食事は決まった時間にゆっくりとよく噛んでとる。

できるかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました