勝間式金持ちになる読書法

勝間和代さんの「勝間式金持ちになる読書法」(宝島社)を読了しました。

巻頭に次のように書いてあります。

本を読んで、情報強者になる。
これがお金の不安を解消し、
お金持ちになるいちばんの近道なのです。

私は多読ではありませんが、それでも読書習慣を継続して実行しているという自負があります。そこには先人たちの英知が詰まっていると感じているからです。

それでも勝間さんのように「金持ちになる」とダイレクトには思っていませんでした。せいぜい「自己投資」という気持ちはありましたが。

この本は様々な角度で読書を勧めています。

  • 情報強者になる
  • 情報を制する者がお金を制する
  • さまざまな知識や思いが詰まった一冊が2000円程度で自分のものになるのは安い
  • 読んだものを「行動」「実践」することが大事
  • たくさん読めば読むほど自分が豊かになる
  • テレビや新聞やネットを見ている時間を読書に回す

私が注力すべきは読書量だと思いました。読むのが遅いということがボトルネックになっています。今後はなるべく速く、たくさん読書し、できるだけ実践してみることを読書目標としていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました