Vistaのガジェット『スライドショー』

Windows Vistaに標準で付属するガジェットに「スライドショー」がある。これはフォルダを指定すると、その配下にある画像ファイルをスライドショーとして表示するものだ。

デスクトップの右側にサイドバーがあり、ガジェットが上から時計、スライドショー、ToDoリスト、パフォーマンスメーターと並んでいる。

20070809slideshow00

右上を拡大したのが次の画像。矢印で示した赤枠で囲んでいるところがスライドショーだ。

20070809slideshow01

フォルダを指定する際にサブフォルダを含めるかどうかのオプションがあるのでこれをチェックしている。私は自分で撮影したデジカメ画像は年月日単位のツリー構造でフォルダに放り込んであるので、親フォルダを指定しておくと自分の撮影した過去のすべての写真が次々にここに表示されていく。別なオプションで「画像をシャッフル」というのがあるので、これにチェックを入れると過去何年かのすべての写真からランダムに表示されていく。表示間隔は15秒にしている。

小さいので邪魔にはならないが、ふと気づくと過去のいろいろな写真がそこに見えるというのはとても面白い。写真を見るといつ頃どういうところで撮影したのかがふっとイメージされるのだ。

気になる写真があれば、「表示」ボタンをクリックするとWindowsフォトギャラリーで大きく表示されて前後の写真も順番に見ることができるので便利だ。

以前、「音楽を聴くと時間を引き戻される」と書いたことがあったが、写真も同じだ。その頃のいろんな状況や気持ちがあふれてくる。

☆☆☆関連記事

・「音楽は時間を引き戻す」
http://ict-mitsuke.whitesnow.jp/brian/wp-content/uploads/2022/03/2004/09/post.html

・「Windows Vista 乗り換え」
http://ict-mitsuke.whitesnow.jp/brian/wp-content/uploads/2022/03/2007/07/windows_vista_6a0d.html

コメント

  1. 尾崎元昭 より:

    かなり鮮明なのですか?

  2. ブライアン より:

    サイズが小さいのでそれなりなのですが、どの写真なのかは一目で分かりますよ。大きなサイズで見たければワンクリックで元写真が表示できますし、とても便利です。

タイトルとURLをコピーしました