ウィルコムのレンタルカード実験中

今、新潟に帰省中。

毎回、帰省している折に頭を悩ますのがインターネット接続手段だ。数日の間、特にアクセスしなくても支障がなければ何も問題はないのだが、今のようにトレードが重要な位置づけになってくると何らかの手段でインターネットに接続する環境が必須だ。発注や相場情報入手だけなら携帯からだけでも可能だけれども、できるだけ普段と同じような環境でトレード作業を行いたい。

今はAUの携帯を使っているので、前回はUSBケーブルでPCと携帯を接続してパケット通信を行った。速度はそこそこ速くて結構快適な通信環境だったのだけど、パケット料金がかなりの高額になり予想はしてはいたのだけど毎回はきついなという感想。

それでPCからのインターネット通信がリーズナブルにできる環境を検討していたのだけど、ウィルコムのPHSを有力な候補として考えていた。

  • できれば普段の移動電話も経済的に代替できないか(携帯での通話は月に1回~数回しかしない)
  • 主な用途は帰省時のPCインターネット通信手段なので、速度はある程度の犠牲はしかたない。
  • 新潟の地方都市でも支障なく通信ができること。

最近サービスを開始したイーモバイルは通話はできないけれど安くて速くて魅力的だ。でも新潟では使えない。それでPHSが一番条件に近かったのだ。東京都内でどこでも使えるのはたぶん問題ないけど、新潟の実家で本当に使えるのかが心配だった。

今回の帰省にあたってそれを確認するためにウィルコムストアでAirEdgeカードをレンタルして確認した。このレンタルサービスはインターネット接続使い放題がセットになっているので試しに使ってみるのにとても都合がよい。実はゴールデンウィークの時にレンタルしようと思ったのだけど、直前に申し込もうとしたらすでに品切れで断念した。今回は1ヶ月コースを早い時期に契約して自宅でも使っていたのだ。

結果としては、実家でも申し分ない安定度で使えるのが確認できた。速度は4×パケット方式なので128kbpsで、普段自宅でメインとしているフレッツ光に比べればとても速いとはいえないが、何もできないことを考えればこの通信が使い放題というのは満足できるものだ。

近いうちにAdvanced/W-ZERO3[es]を契約しようと思う。料金は「ウィルコム定額プラン」(¥2900)+「データ定額」(¥1050)で¥3950が基本となる。電話通話料はそもそも基本的には使わないので心配ない。メールも定額プランで使い放題だ。W-ZERO3はスマートホンなので、広い画面で端末自体でブラウズする機会も多いかもしれない。その場合の上限パケット料が¥3800、PCに接続して通信する場合の上限パケット料が¥6300となるので、通常は4千円程度、帰省時のようにPCでパケットを多く利用する月は1万円程度となり、とてもリーズナブルだと思う。
それで本当に問題なければAUを解約することにする。
☆☆☆関連記事

・インターネット接続が故障

インターネット接続が故障
昨日、ウォーキングから帰ってきて日経225先物の状況を確認しようとしたらブラウザが更新エラーとなった。メールも受信できないようだ。いろいろルーターのランプを確認するとPPPが消灯してCONFIGが赤点滅している。何かBフレッツに異常が発生し...

コメント

  1. 尾崎元昭 より:

    これは難しい!!

    僕の友人でPCの専門家がいるので、聞いてみようっと。

  2. ブライアン より:

    年に2~3回しか帰省しないので、コストとパフォーマンスのバランスが大事なんですよね。

タイトルとURLをコピーしました