雄国山~雄国沼 ニッコウキスゲ

裏磐梯の雄国沼がニッコウキスゲの時期ということで、今年初めての山歩きを雄国山に定めて、梅雨の合間の一日、歩いてきました。


朝4時半に自宅をクルマで出発。同行の友達と共に三条~五泉~阿賀と走り2時間半ほどで喜多方市の雄国萩平駐車場へ到着。
ここから会津バスで金沢峠まで上り、歩き始めます。


雄国山までの標高差は約100メートル。今年初めてなので無理しないコースです。


駐車場からは喜多方市方面が見渡せます。


シャトルバスは、尾瀬の沼山峠ルートと同じ会津バス。


25分ほど林道ルートを走り抜けると金沢(かねざわ)峠。


金沢峠の展望台からは雄国沼を配下に見渡せます。この写真ではよくわからないですが、黄色いニッコウキスゲがきれい。


沼へは下山後に立ち寄ることにし、まずはハイキングコースで雄国山方面へ。20分ほど歩くと休憩舎があります。
桧原湖方面からのコースと合流する場所です。


眼下に雄国沼。まだちょっとガスっています。


まもなく雄国山の頂上が見えてきます。


金沢峠から1時間ほどで頂上に到着。


ここで、先日The Tea Tokyoで求めてきた紅茶をいただきました。


たまには花でも。


下山してそのまま雄国沼木道へ。


いい具合に咲き誇っています。


この世のものとは思えないです。


時間も10時過ぎで、木道は人の列となっています。


白い帽子のおじさんから教えてもらいましたが、「順路」の標識の木の途中が削り取られたようになっています。これはクマがかじったあとだそうです。


11時発のシャトルバスで下山。


駐車場の脇でランチ。ジャーマンポテト、おやき、おにぎり、豆乳スープ。贅沢!


クルマで30分ほど走り、喜多方市内の「ぬりの里」へ。漆器のカップでコーヒーを。


向かいの「おくや」でピーナッツ菓子を買い。


1時間半ほど只見方面へ走ったところにある八町温泉亀の湯へ。ここは共同浴場。


透明なお湯はかなり熱め!
お湯が出ている石の置物が亀でした。

磐梯、会津方面は気軽に歩ける山が密集していて、温泉も多いし、日帰り山歩き派にはなくてはならないところです。

コメント

  1. DEKOPE より:

    日帰りでは、もったいない感じですね。温泉巡りとか楽しそう

    皆さん登山用のシューズを履いてるのでしょうか? あまり軽装な人はいなそうですね。 歩けるっていいですねえ。

  2. ブライアン より:

    毎月一回は山歩きしようと思っているのですが、なかなか腰を上げれませんでした。
    私は登山用の本格的なシューズではなく、トレッキング用のスニーカーのような雰囲気の靴で歩いてます。

    本格的な登山でなければ十分です。

タイトルとURLをコピーしました