クリントイーストウッド監督『リチャード・ジュエル』

クリントイーストウッド監督作品『リチャード・ジュエル』をTジョイ長岡で見てきた。

1996年アトランタオリンピックの際に実際にあったという出来事を映画化したものだ。
主人公のリチャード・ジュエルは警備員。野外ライブの会場に爆発物があるのを見つけ、人々を避難させる。それがマスコミに取り上げられ一躍時の人となるが、FBIと地元新聞記者により一転容疑者として非難の渦中に放り込まれる。
昔からリチャードを知っていた弁護士と助手、そして母親の助けにより無実を晴らしていくというストーリー。

日本での2つの出来事を思い出した。ひとつは松本サリン事件でやはり警察とマスコミによって犯人に祭り上げられた河野さん。もうひとはstap細胞でやはり時の女性から一転悪者にされ、マスコミに袋叩きにあった小保方さん。

警察(もしくは司法)という権力、それにマスコミという権力に踊らされる私たちを戒めないといけないと思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました