『反日種族主義』読了

どうしても韓国のやること言うことが気になる。それはここ数年のことだ。

それまでは普通の隣国という認識だった。
いわゆる韓ドラも歴史ものを中心にずいぶん楽しませてもらっていた。

李明博大統領が竹島に上陸したくらいからか。
それ以来、お隣韓国の行動がすごく奇異に見えてきた。
ひと言で言うと、日本に対する態度が単に「困らせてやれ」という形にしか見えない。

いったんそう思うと、やることなすこと難癖をつけたりいじわるをしたり、子供が駄々をこねているとしか思えないように感じてきた。
最たるものが「レーダー照射事件」。まさに子供と一緒だ。
「子供と一緒」が言いすぎなら、「人を陥れて自分たちを正当化する」といった感じ。

そういう疑問に答えてくれたのがこの『反日種族主義』。
経済史学者の李栄薫(イ・ヨンフン)とその研究グループが書いたいくつかの論文で構成されている。

朝鮮統治時代の人々の生活、「強制徴用工」、「慰安婦」、これらについて丹念に資料を収集し実像をあぶりだしていく。
すると、現代韓国の教科書に載っているようなことや、マスコミが書いている事、国民が騒いでいる事などがほとんど自分たちが作り上げた幻想であることがわかる。
その幻想の源が「反日種族主義」から来ているというのが本書の論旨だ。

私個人の特性として「公平性」に価値を置いていると思う。物事もできるだけ客観的に見て自分の判断を行いたいと思っている。
そういう観点で本書は胸のすくような内容だった。歴史や国民性から出てきたと思われる今日の韓国(および国民)の日本に対する態度は「反日種族主義」に基づいて自分たちが作り上げた幻想だと主張している。
韓国内でこのような本が出版されたことが驚きだったが、ムン・ジェイン政権に対する右派の攻撃ということなのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました