映画「ツユクサ」

ユナイテッドシネマ新潟で映画『ツユクサ』を観てきた。

公式サイトにリンクしています。

小林聡美はほんわか系の女優。「パンとスープとネコ日和」や「かもめ食堂」「めがね」などで独特な雰囲気を出している。大人がゆっくりと人生を歩むというような役柄で本領発揮するようだ。

そして相手役が松重豊。以前はこわもての役どころが多かったと思うけど、「孤独のグルメ」から変わってきたのではないか。実にひょうひょうとして他人に流されない役どころの演技は安心して見ていられる。

そうか、書いていて思ったけど、どちらも大人のゆったりした生き方を演じる女優、俳優なのか。この組み合わせ、最初は「えっ」と思ったけど、実はぴったりな組合せなのかもしれない。この二人の大人の恋が主軸となっているのだけど、そこに江口のりこ、平岩紙が加わり、力の抜けた雰囲気を作り出してくれている。

みんなそれぞれ人生の中で悲しみも抱えてきたのだけれど、「幸せに生きていく」ということでは対等。

エンディングの中山千夏が歌う「あなたの心に」がじんわりとくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました