都響プロムナードコンサート11月公演

都響の定期会員として聴いてきた今期最後のプロムナードがサントリーホールで行われた。

Img_20161103_134007
通い慣れたアークヒルズのサントリーホール。

Img_20161103_134554
サントリーホール会館30年ということで、写真が並んでいた。往年の指揮者など多数の顔が見られた。

Img_20161103_134218

指揮:小泉和裕
ピアノ:反田恭平
————————————–
リスト:交響詩《レ・プレリュード》
リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調
チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調
————————————–

Img_20161103_220156

リストのピアノ協奏曲、じっくり聞いたのは初めてかもしれない。反田恭平のピアノは曲も相まってダイナミックだったが、聴いているときはさわやかさを感じていた。みずみずしいというか、新鮮な気持ちで聴くことができた。中間部のミュートを付けた弦の美しさははっとした。また、後半のトライアングルは斬新だ。リストはどうしてこんなにトライアングルを活躍させたのだろう。

チャイコフスキーの4番。やはりチャイコフスキーは安心して身を任せて聴くことができる。小泉和裕の安定した音楽作りはたいしたものだと思う。

Img_20161103_220239

その小泉和裕、今年は都響との共演40周年ということ。終演後に花束を貰っていた。

Img_20161103_160917
今日の公演は協賛がシャトレーゼ。帰りにお土産をいただいた。おいしいレモンケーキ。そういえば去年夏の名曲コンサートもシャトレーゼ協賛でお土産を貰ったっけ。あのときも指揮は小泉和裕だった。何か関係があるのだろうか・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました