都響プロムナードコンサート No.374

今シーズン3回目の都響定演プロムナードコンサートを聴いてきた。

Img_20170926_161046_2

これまでの2回はオペラシティーだったが、今回からは改修を終えたサントリーホールに戻る。

Img_9847

カラヤン広場ではマルシェが開催中。

Img_9848

久しぶりのサントリーホールだ。

Img_20170926_161158

プログラム—————————————————
指揮:梅田俊明
チェロ:ユリア・ハーゲン
————————————————————
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 op.56a (18分)
チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲 op.33 (19分)
(アンコール/バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番よりジーグ)
————————————————————
エルガー:創作主題による変奏曲《エニグマ》 op.36 (31分)
————————————————————

Img_9849

今日のプログラムは「変奏曲」がテーマのようだ。

「ハイドン」も「ロココ風」もそれぞれ良かったが、「エニグマ」は生で聴くのは初めてだった。普段は第9変奏の「ニムロッド」単独で聴くことがほとんどなので、こうして全曲を通してそれも生演奏で聴くと、イギリス音楽好きとしては感慨ひとしおだ。あの「威風堂々」のフィナーレを彷彿とさせるサウンド全開! しかし、やはりというか「ニムロッド」が一番聴き応えがある。

Img_9850

チェロのユリア・ハーゲンも女性とは思えない骨太な演奏でチャイコフスキーを聴かせてくれたが、アンコールのバッハが殊の外良かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました