東邦音楽大学管弦楽団演奏会

めぐろパーシモンホールで行われた、東邦音楽大学管弦楽団の演奏会を聴いてきました。

いただいた招待券で入場させていただきました。(K先生、どうもありがとう)

プログラム——————————-

歌劇「オベロン」序曲(ウェーバー)
交響曲第3番変ホ長調「ライン」作品97(シューマン)
———
牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー)
海-3つの交響的スケッチ(ドビュッシー)

—————————————-

うまいですね。さすがプロの卵という感じです。
特にドビュッシーの2曲、とりわけ「海」はめくるめく色彩をそのまま音にしたように楽しめました。クライマックスの破綻しない強烈な分厚いフォルテッシモにも圧倒されました。

ライブで聴くときはパーカッションを見るのが楽しみなんですが、「海」で使われていた音叉のような音が出るやつ、鳴らし方がおもしろかった。両手に持ったものを打ち付けてそのままうでを交差するようなぐるぐるまわすような感じでうねりを響かせているんです。

12月6日にはこんどは同じ大学のウインドオーケストラを聴きに行く予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました