スピリチュアルアドバイス

ふとしたことで、14年前にスピリチュアルアドバイスを受けたことを思い出しました。いわゆる霊能者による透視のようなものです。当時東京に暮らしていて、日帰りで岐阜県関市にあるそのお寺まで日帰りで行ってきました。

「たしか、当時その時に言われたことをメモしておいたはずだけど」と思い出しました。「どこにメモしたんだっけ。」ブログの記事にも書いてないし、ワードやエクセルの文書を検索しても出てこない。「mixiの記事にしたんだっけ?いやいやmixiにはブログに書いた記事を再掲していただけだ。」などとあちこち探しました。

そしてドキュメントフォルダ内を「スピリチュアル」で検索したところヒットしたファイルがありました!
それは当時重宝していたアウトラインプロセッサIdea Treeの文書ファイルの形式でした。そこでIdea Treeを再度インストールし、その文書ファイルを読み込んだところ見事にメモが表示。

そこでこの記事では14年前に透視していただいた言葉を現在から振り返ってみたいと思います。日付は2009年9月29日13:00~14:00となっていました。場所は岐阜県関市の東山弘法院という寺院。

前世

まずは私の前世については以下のように言われたとメモしてあります。

・前世は禅宗の托鉢僧
・自分をさらけ出すことが出来ない、楽しむことが出来ない。

そうだ、たしか「托鉢僧」と言われて結構気に入ったのを思い出しました。
それに「自分をさらけ出すことが出来ない。楽しむことが出来ない・」とは正にその通り。

トレード

「単なる紙切れに大事な人生を賭けるのはやめなさい」と言われたうえで、このように言われました。

金(現物)は今年秋に買い頃になる。2700円~2800円で実物を買って数年間持って   いれば2倍、3倍になる。

当時はまるで信じず何もしなかったのですが、金の価格チャートを見返してみました。

赤い縦のラインが当時です。まさにドンピシャでしたね!
この時に3,000円くらいで購入しておけば現在は2倍を超えています。すごい。

生き方

・もし明日死ぬとわかったら、今何をするか、自分の人生をどう思うか、よく考えて欲しい。
・これからの方向性としては「人に奉仕するもの」に関わっていくとよい。物と向かい合うよりも人と向かい合うものを選ぶこと。
それを通して自分のこと、人のことをよりよく知ることができるようになる。
・対人で自分を伸ばしていこう。

どうでしょう!
その後14年を経た今。このような生き方で生きがいを感じています。
つまり、市民の皆さんを私のITスキルで幸せになっていただく、という生き方です。ITスキルというものを使い、市民の皆さんと向き合い、それにより自分も伸びる。そんな生き方です。

この時にこのように言われたことはうっすらと覚えていて心のどこかに潜ませていたのかもしれません。

食生活

・食事は軽く。朝昼はジュース、麺類などで十分。夜はその分たくさん食べてよい。
・肉はやめた方がよい。穀類、野菜だけで十分。
・トマト(特にプチトマトをたくさん)摂るとよい。
・人間は飢餓に対しては免疫があり抵抗できるが、飽食に関してはやられるだけだ。
   気をつけなければ行けない
・間食はダメ。胃を休ませてあげなさい。

私がプチ断食に惹かれるのはこの時の言葉が残っていたからかもしれない。夕食を食べた後、翌日のお昼まで固形物は摂らない。また、時々一日何も食べない日を設ける。この時の言葉通りだ。

運動

   ・毎日必ず歩くこと(1時間)これで十分。
   ・ふくらはぎは第2の心臓。

現在でも「歩く」ことにこだわりがあるようだ。東京散歩しかり、里山歩きしかり、街道歩きしかりです。

またふくらはぎについては、毎朝布団の中で背伸びをするとふくらはぎが必ずつりそうになるという状態に悩まされている。これは身体からの警告なのだろうか。

見直し

   ・曹洞宗永平寺で禅をやってみるとよい。自分のことを見直す機会が得られるはず。
   ・仏教のことを自分なりに調べてみるのもよい。釈迦が伝えるものは何なのか勉強してみよう。

永平寺か。ぜひおこなってみよう。

まとめ

今見返してみると、ものすごいことをアドバイスされていたのだと気が付いた。当時、これらを軽く見ていたことが悔やまれる。

ただ「人と向かい合い、奉仕する仕事」というのは今の自分の活動そのものだし、この時言われたものが現在の自分の潜在意識にあることは間違いないようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました