林隆三とやまがたすみこ

 このあいだ八神純子で30年前にタイムスリップしましたが、さらに数年をさかのぼり、「風に吹かれていこう」が少しヒットしたやまがたすみこが気になっています。
 この人ものびやかな高音域の声の持ち主で、さわやかな歌を聴かせてくれました。

実家に行くとデビューアルバム「風・空・そして愛」のLPがあるはずなんだけど。とりあえずYouTubeで探してみるといろいろ出てきました。

その中でちょっと変わったものがありました。今NHK教育の趣味悠々で国府弘子さんジャズピアノ入門をやっていますが、そこで生徒役で出ている林隆三さんがピアノを弾いて、やまがたすみこがギターの弾き語りを歌うというドラマの一シーンです。

夏になったら やまがたすみこ

30数年前のやまがたすみこをさまよっていたところに、急にコンテンポラリーである林隆三のピアノが登場したのが、面白い感覚。

やまがたすみこって知らない人も多いと思うけど、アイドル系歌手全盛の当時、森山良子や本田路津子の流れを引き継ぐような歌唱力とさわやかさで「風に吹かれていこう」でデビューしたシンガーソングライターです。
八神純子が就職初期の頃の想い出だとすれば、やまがたすみこは学生時代の想い出です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました