東海道53次ウォーク 第17-2回<日坂宿~掛川宿>

掛川駅前のホテルで1泊したあと、昨日のバスを使い、日坂宿に戻った。小型のバスでコミュニティーバスだろうか。中学生などが数人乗っていた。

Img_0746

今日のコースは昨日の峠越えとは打って変わって、平坦なそしてなだらかな下り坂となっている。昨日の疲れもあるが、距離も短めだし頑張って歩こう。


Img_0751
昨日長居させていただいた「藤文」の近くにこれも江戸時代から残っている建物、それも旅籠という「川坂屋」があった。10時に開館ということなので中は見れず。

Img_0754
高札場を再現したところ。

Img_0761
県道415号に合流するところが事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)。遠江(とおとうみ)一宮だそうだ。

Img_0765
せっかくなのでお参り。

Img_0771
心に願ったことはなんでもかなってしまうというある意味怖いところ。

Img_0782
伊達方一里塚跡。ちょっと休憩。

Img_0785
昨晩のニュースで靖国神社の桜が開花したと言っていたが、こちら掛川の桜はまだ蕾だ。

Img_0786
天気が良く気持ちいい。この県道はバイパスができるまでは国道1号線だった。その名残でキロポストが残っている。日本橋から224キロ。

Img_0791
道路のあちら側に何やらウォーキングしている団体さんらしき姿が。聞いてみたところ、京都三条大橋から日本橋に向かって歩いているとのこと。私たちと逆コースだ。掛川の次の袋井がちょうど中間点になるので、お互い半分ずつ来たことになる。頑張りましょう。

Img_0794
正面に掛川市内のホテルの建物が見えてきた。ゴールは近い。

Img_0797
振袖餅で有名という和菓子屋。その名前は「もちや」。シンプルだ。お彼岸も近いということでか、ぼたもちを求めるお客で込み合っていた。私たちも1パック購入。

Img_0800
ここでクランク上に旧道は曲がる。七曲りという区域だ。宿場の入り口によくみられるクランクだが、ここは凸の字をしていて念が入っている。

Img_0808
さきほどはもちやだったが、こちらは桂花園という葛湯のお店。

Img_0809
いろいろな種類の葛湯が並んでいる。試飲させていただき、お土産にいくつか購入した。

Img_0811
大手門通りと交差する掛川信金前の交差点で今回のゴールとする。お疲れさま。

コメント

タイトルとURLをコピーしました