ノンレム睡眠の効果

昨日、あるセミナーでノンレム睡眠の効果についておもしろい話を聞きました。

睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠を90分周期で4回ほど繰り返して覚醒するというパターンであることはよく知られています。ノンレム睡眠はいわゆる熟睡状態で体は回復活動を行い、頭は休息をとります。

この「頭の休息」なのですが、実は脳の中では覚醒時には起こらないようないろいろな活動が高速回転で行われているということだそうでが、この活動があるからこそ、覚醒時に適正な思考ができるための脳への定着が行われるということです。

ですから、眠らずにがむしゃらに勉強しても知識は身につかないということですね。

実は別な点でこの話に思い当たることがありました。ピアノを練習していて、毎日練習していると当然だんだんとうまく弾けるようになるのですが、1日に時間をおいて何回か練習してもさほど変化は感じられないのですが、一晩の睡眠をおいて翌日弾いてみると格段の上達を実感できるのです。熟睡している間に私の脳はきちんと定着活動をしてくれていたのだなと実感することができる瞬間です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました